第13章~高次の存在(2)

ママが(最初の)ヒプノの教室の卒業を間近に控えたある日のこと。
           
その日、ママは友人であるT.Iさんの3回目のセッションを行っていた。
幼児期退行の後に、バースビジョンを見に行った。    
             
T.Iさんは親との確執を抱えている上に、仕事のこと、家庭のこと、健康上のこと、
とひっきりなしに問題に直面していた。      
             
ママはそれを見かねてヒプノセラピーを申し出たのだが、    
毎回退行で出てくる場面があまりにも壮絶で、    
なぜ、こんな大変な人生設計をしてきたのだろうとの疑問から  
魂が今生の計画を立てた場所へと誘導したのだ。    
             
T.Iさん: 「白い雲の上にいる・・・。      
  白い布を被った、ひげのはえているおじいさんが居て、  
  小さい子供が傍にいる。ああ、この子は私だ。  
  おじいさんは左手をその子の肩において、ぎゅっと抱きせている感じ」
             
生まれてくる前のビジョンを見に行くと、雲の上にいると答える人が多い。
赤ちゃんの姿で、これから生まれる家や親を見下ろしている。  
             
自分で親を決めて降りてくる子が多いが、中にはおじいさんが  
「あそこにしなさい」と言ったからと答える人も結構いたりする。  
             
ママはT.Iさんのそばにいるおじいさんは、彼女のハイヤーセルフなのかなと思い
ながら、            
「その方に聞いてみて。 ”私はこれから生まれていくの?”って」と言った。
             
T.Iさんは「うん」とうなづいた。        
             
「どんな人生の計画があるの?」とママは聞いた。    
             
すると、意外な答えが返ってきた。      
             
「その人の代わりに生まれるって言ってる」