第13章~高次の存在(4)

「その人の子供だから?」  
       
「・・・・・・・・・その人はお父さんなんですか?」
       
と、突然彼女の声が変わった。  
そして、ママに対してこう答えた。        
「そうです」          
             
しゃがれたおじいさんの声だ。        
             
さっきまでのかわいらしい透き通るような彼女の声とは一変している。
             
ママは何だか腹が立ってきた。        
なぜ、子供にそんな厳しい人生を歩ませるのか。    
自分が生まれてきて伝えればいいじゃない!と思ったんだって。  
             
そこで、おじいさんに直接こう聞いた。      
「お父さんはなぜ自分が生まれ変わってきて伝えずに、子供であるT.Iさんに
その役目を任せたの?」        
             
おじいさんはしゃがれた声でゆっくりと答えた。    
「修行させるためです」        
             
「修行させるため?なぜ、何度も死にかけるような修行をする必要があるん
ですか?」            
             
「それは・・・・それはね・・・、通り越していかないと・・」    
             
「通り越していかないといけない過程なんですか?」    
             
「そう」            
             
「あなたとT.Iさんはそうやって何回も親子で生まれてきているのですか?」
             
「はい」            
             
ママはこのおじいさんとT.Iさんはてっきり過去世での親子だと思い込んでいた。
             
             
「では、あなたは今、この世界にいますか?あなたもまた生まれ代わってき
ているの?」          
             
おじいさんは相変わらずゆっくりとした口調でしゃべる。    
「私はずっと上から見ています」        
             
「あなたはいつも上からT.Iさんを見守って下さっているの?」  
             
「そうです。私は助けたりもしてます」      
             
「助けたりもしている?例えば?死にそうになったりした時にですか?」
             
「そうです」          
             
あっ!            
             
ママは突然思い出した。