第13章~高次の存在(6)

「この子、死んでる!石みたいに固くて、全身が灰色になってる!」
           
そして、          
「早く生き返らせなきゃ! 」と言った。    
ママはどうしたらいいのかわからなかった。      
             
T.Iさんは            
「早く!早くしないと!」と叫ぶように言った。      
             
その声を聞いた途端、ママはパッと閃いた。      
その閃きに賭けるしかない。        
             
ヒプノセラピーにはマニュアルがない。      
ひとりひとりに起きることが違うし、      
セラピストはその時々の自分の直感と閃きを信じるしかないのだ。  
             
「あなたの一番落ち着ける場所はどこですか?」とママは聞いた。  
             
即座に「押入れの中」という答えが返ってきた。    
             
それではその押入れの中に入ってください、とママは言いながら  
また胸がチクンと痛んだ。        
             
小さな子供が、一番落ち着くのは押入れの中というのだ。  
その心中は察するに余りある。        
             
ママは押入れを光の空間に変えた。      
             
それから、T.Iさんにその子をしっかり抱きしめてもらい、    
天と繋がって愛と光を一杯に受けるよう、言葉で誘導した。  
             
愛と光が天から降り注ぎ、T.Iさんの体を通して    
子供の小さなハートに流れ込む。        
             
そんな誘導を続けながら、ママも一心不乱にその場面をイメージし続けた。
             
しばらくすると、T.Iさんが、        
「あ、手が肌色になった!」と言った。      
             
子供の体が灰色から肌色に変わり、      
頬に赤味がさしてきたと・・・。        
             
ママはほっとした。