第13章~高次の存在(7)

覚醒後、T.Iさんにママが誘導している間、どんなことが起きていたのかと
尋ねてみた。          
             
すると、T.Iさんは不思議なことを言った。      
「太い光の柱が自分の頭上からず~っと天まで繋がって、    
その柱の上のほうにおじいさんみたいな人がいたの。      
そして、”強い魂に変えたよ”って言ったの」        
               
それって、どういうことだろう・・・・。        
               
T.Iさんは次から次へと訪れる試練に愚痴も泣き言も言わず、    
いつも明るい笑顔を絶やさず、愛に溢れた人である。      
               
もしかしたら、その時点で魂を入れ替えられたのかなぁ・・・。    
試練に耐えられるような強い魂に。        
               
雲の上のおじいさんはこの時もT.Iさんを助けたのかもしれない。    
               
ママはふと疑問に思い、おじいさんに聞いてみた。      
「今生、T.Iさんと私が出会うべきことも、あなたが計画の中に入れていましたか?」
               
「そうです」            
               
ママがT.Iさんにヒプノセラピーを提案したとき、彼女は即座にこう言った。  
「私、昔から魂に興味があったの!」        
               
彼女の試練の先に、やがてママと出会い、ヒプノを受けることも    
ちゃんと人生の青写真に入っていたらしい。