第13章~高次の存在(8)

「T.Iさんが伝えるべき偉大なる愛というのは、三次元の私たちにわかるよ
うに(いうと)どういうことですか?」と聞くと、おじいさんはゆっくりとした口調で、
             
「両手を広げて・・・すべてのものを包めるような愛」と答えた。  
そして、            
「それはT.Iさんに限らず、人間ひとりひとりが必要とすることですよね?」と聞くと、
「うん」とうなづき、          
「自分が愛を持たなければ、まわりの人間に愛を気づかせるのは難しい」と言った。
             
ママ: 「自分が愛を持たなければ、まわりの人も愛に気づかない?」  
             
「そうです」          
             
ママ: 「まず自分から愛を与えること?」      
             
(強い口調で) 「そうです!」        
             
ママ:「あなたは・・・・、どういう存在の方ですか?」    
             
「私は・・・、いつも雲の上にいます。      
宮殿の椅子に・・・腰掛けています。      
いつも・・・、見ています」        
             
えっ? 宮殿?          
             
ママはもしかすると自分が勘違いしているのかも、と気が付いた。  
この人はT.Iさんの過去世でのお父さんではないのかも・・・。  
             
そこで、こう聞いてみた。        
「では、あなたはT.Iさんだけのお父様ではなくて、全ての人のお父様のような
役割の方ですか?」          
             
「そうです」