第13章~高次の存在(12)

この日、ママとおじいさんとの対話は30分近くも行われた。
         
おじいさんはママにいろんなことを教えてくれた。
             
例えば、みつるお兄ちゃんのこと。      
             
今生、ママとお兄ちゃんは同じ目的をもった同志として生まれているのだそう。
それを詳しく話してくれた。        
             
そして、ママがワンちゃんのことを        
「セッションのときは、ケージに入れておいたほうがいいですか?」と聞くと、
             
「犬は・・・・あの犬は・・・・とても・・・・いい魂をもっている犬です・・・無理に・・・・
とじこめたりせず・・・・自由に・・・・・させておいてください。  
あの犬の・・・エネルギーも・・・・とてもすばらしいです」と言った。  
             
それから、おじいさんはこんなことも言った。      
「あなたは書かねばならない」        
             
言葉は流れていってしまうけれども、文章は残るから、と。  
             
ママ: 「それもまた私に必要な役目ですか?」    
             
 (力強く) 「うん!」          
  「飾りのない・・・・ありのままの、あなたの言葉で書くことをすすめます」
             
ママ: 「飾りのない・・・・ありのままの、私の言葉で?」    
             
 (力強く) 「そうです!」        
  「自分の・・・思ったとおりの言葉で・・・・言葉を選ぶ必要はありません」
  すべて・・・自分の言葉で書きなさい    
             
  「飾ってはいけません・・・・飾ってしまうと・・・それはあなたの・・・
  言葉ではなくなる」        
             
ママはそう言われて8ヶ月もの間迷い、ようやく思い腰を上げた。  
             
ある時、ミミさんのセッションに出てきた高次の存在がこう言ったからである。
             
「書き始めるのなら、7月」        
             
そう、それがこの物語の始まりである。