第13章~高次の存在(13)

ママとおじいさんとの対話はT.Iさんのセッションの度に行われるようになった。
             
ママ、そのおじいさんっていつも雲の上にいるの?    
「あのね、エフちゃん、本当はおじいさんはいないの」      
               
えっ? いないの? じゃあ、ママがお話したおじいさんは?    
               
「ママたちにわかりやすい姿で出てきてくれているんだと思う」    
               
そもそもいかなる高次の存在も、姿形はない。      
               
そこにあるのは波動だけである。          
               
(個人的)潜在意識の奥の、「集合的潜在意識」におじいさんの波動はあるのでは
ないかとママは考えている。          
               
高次の存在はこの3次元よりも波動(バイブレーション)が高いので、目で見る  
ことは出来ない。            
               
「だから、きっと私たちにわかりやすい象徴の形で見えるんじゃないかのかな?」  
とママは言った。            
               
「叡智のある人」といえば、「仙人のようなおじいさん」「白いひげの」といった具合に
その象徴は個々の意識の中に刷り込まれている。      
               
潜在意識はその刷り込まれたイメージで見せてくれているのかもしれない。  
               
セッションで「高次の存在」に繋がった時、女神のような人が見えたという人もいるし、
姿はなく、ただ光だったと言う人もいるし、人によってさまざまである。    
               
ただ、「高次の存在」といえども、その波動の種類はいろいろあるらしい。  
               
それに人間側の波動の高さ(性質)によっても繋がる相手は変わるようだ。  
               
そしてまた、同じ人であっても、その時々で繋がる相手が変わったりもする。  
               
ママはおじいさんに            
「いろんな波動が入り混じって存在していて、私たちはたまたまどこかにアクセス  
しているんですか?」と聞いてみたことがある。      
               
「その通り」だとおじいさんは言った。        
               
面白いことに、「高次の存在」には人間に宿った経験を持つものと、一度も人間に
宿った経験のないものがあるらしい。        
               
人間に宿った経験がある者は、人間のことをわりと理解しているのだとか。  
               
おじいさんはどっちなのかな?          
               
「人間に生まれたことはないみたいだよ。        
だって、いつだったか、”もっと自身を持ちなさい!      
自分で自分を信じないで、どうする?”って言われたことがあって、    
その時に              
”三次元の肉体をもつ人間は、そんなに自分で自分を信じると    
いうことが、できにくいんです・・・”って答えたら、      
               
「(大声で)ふふふふふふっ・・」と笑って        
「ふ~ん・・・そうなのか・・・・          
でも、まあ、それもまた・・・・いいのかもなあ」って言ってたからね。