第13章~高次の存在(14)

おじいさんに教えた貰ったことのひとつは、      
「運命は何十年も何百年も、もしかすると何千年も前から決まっているこ
ともある」ということ。          
ママが、みつるお兄ちゃんはなぜママを母親に選んできたのか、って
聞いたら、「それは前から決まっていたから!」とおじいさんは答えた。
             
ママ: 「前からというのは?」        
             
「ずっと昔から決まっていたから!」      
             
ママ:「ずっと昔と言うのは、今回の人生を始める前ではなくて  
もっともっと前ですか?」        
             
「(強く)そうです!」          
             
ママ:「それは別の星から来るときに決めていたということですか?」  
             
「もう、ずっと前から!」        
             
ママ: 「お聞きしたいんですが、私はヒプノセラピーをやっていて  
最近不思議に思うんですが、        
例えば人生の目的と言うのは        
今回の人生を始める前ではなくて        
そのように何百年も何千年も前から決めていることもあるんですか?  
そしてとの時に誰と出会うのかとか、そこまで決まっているものなんですか?」
             
「それもある!          
ただね・・・・・魂同士の争いやら、何やらあると・・・決められていても  
うまくいかないこともあるんだよ・・・      
会うはずが会えない時だって、ある・・・・」      
             
             
ママ:「では、人生の目的は1回ごとに決めるのではなくて  
そのように複雑にからみあっていることもある、と言うことですか?」  
             
「そうです」