第14章~6人の謎(3)

ミミさんは6人の中のひとりなの?
「うん。そうだよ」          
             
他には?            
             
「美帆さん、美加さん、Hiroさん、うららちゃん」    
             
その年の暮れ、12月31日にママは美加さんとセッションの練習をした。
             
「今見るべき過去世へ」と誘導してもらうと、      
見えてきたのは綺麗なお花畑。        
なんだかとても平和でのどかで次元の高い星のような気がする。  
             
白いワンピースをひらひらさせながら      
楽しそうにたわむれている妖精のような女の子達。    
             
そこへ、一人の女の子がかけてきた。      
「ねえ、見て、見て!」          
             
手にはチラシのようなものを持っている。      
             
「なあに? なあに?」と女の子達が集まってきて、その紙を覗き込んだ。
             
「地球使節団だって!          
今後の地球の変革期に合わせて、お手伝いに行く人を募集してるの」
             
「へえ!それ、良いことじゃない!」      
             
みんなは顔を見合わせる。        
             
「行こうか?」          
             
「うん!行こう、行こう!」        
             
あ、待って! そんな軽いノリで決めないで!大変なことなんだから!と
ママは催眠下で慌てている。        
             
が、彼女達はたちまちぴょ~ん!と地球に飛び降りた・・・・・。  
             
チラシを持ってきたのはミミさんだった。      
             
そして集まってきたのは他の5人のメンバーである。