第14章~6人の謎(4)

アハハハ・・・・。  
ママ、それってウソっぽいよね?
「アハハ・・・エフちゃんもそう思う?」ってママは一緒に笑っていたけど、  
1ヶ月もしない内に意外な事実を知らされた。        
               
ママたち6人は忘年会の席で、月に1度は集まって勉強をしたり、情報交換をしようと決めた。
               
そして、年が明けて1月に第1回目の勉強会を開いたときのこと。    
               
ママはミミさんのセッションを行った。        
               
その時に、「なぜ、この6人で集まることになったのですか?」と聞いてみたのだ。
               
ミミさんのハイヤーセルフは          
「あなた達は6人で一人前」と言った。        
               
ママは咄嗟に6等分されたピザを思い浮かべたんだって。    
               
6人集まってやっと1人前ってこと?        
               
でも、この時はそのことに考えを巡らす時間はなかった。      
               
ミミさんが催眠下でわっと泣き出したからだ。        
               
それはママが美帆さんの腰や首、肩の痛みを原因を聞いた直後のことだった。  
               
美帆さんは忘年会の席で突然腰痛が始まり、それは首や肩にまで広がり、  
この日もやっとの思いで参加しに来ていた。        
               
(病院に行ってもこれという原因が見当たらず、従って対処の方法もなく  
困り果てていた。)            
               
ミミさんは、            
「首が・・・・・・首がない・・・・・首を捜して・・・・」と泣きながら言った。    
               
首がない???            
               
ママは背筋が凍りつきそうだったんだって。