第14章~6人の謎(6)

美帆さんもきっと同じように感じていたのだと思う。
ママと目が合った。      
時間はある?と小声で聞いてみる。        
               
美帆さんが頷いたので、ミミさんに          
「それでは今日これからすぐにセッションをやりますから      
もう戻ってきてください」と言った。          
               
そして、              
「セッションはミミさんがやればいいですか?」と付け加えた。    
               
「マサコさんがやって」とミミさん。          
               
ママは一瞬躊躇した。            
窓に目をやると、中庭のしゃらの木が、        
「3人でやりなさい」と言った。          
(注:勉強会は我が家の3F、窓の外に姫しゃらの木の枝が広がるこの部屋で行っている)
               
なんで「ちゅうちょ」したの?          
               
「だって・・・。首を捜す過去世なんて恐くって・・・」      
               
でも、美帆さんのセッションを始めてすぐにわかったんだけど、    
ミミさんにはセラピスト役をやれない理由があった。      
               
「あのね、エフちゃん、ミミさんはね、その過去世に登場していたの」    
               
ええっ!?