第14章~6人の謎(10)

美帆さんはこの時の過去世で、人生にむなしさを感じ、    
そのネガティブなエネルギーを今生にまで引きずってしまっているようだった。
その影響力が大きすぎて、何度も何度も再体験しないとクリアできないらしく、  
ハイヤーセルフにも年内一杯はかかると言われた。      
               
「でも、不思議なんだけどね、クライアントさんも、ある問題をクリアするのに  
例えば、あと5、6回はセッションが必要と言われたとするでしょう?    
ところが、1回のセッションの後に浄化が早く進むと、次に来た時には    
回数が減っていて、あと2回でいいよ、って言われたりするの。    
個人差はあるんだけどね」          
               
浄化が進むって?            
               
「よくわからないんだけど、その人の潜在意識の中で変化が起きているんだと思う」
               
美帆さんの場合は、日頃からヒプノをやったり、それ以外のツールでも潜在意識に
繋がるような機会が多いからだろうか、        
最初に言われた回数よりも早いスピードでクリアしていった。    
               
そして、8ヵ月後には突然終わりを迎える。        
               
「これが最後である」とハイヤーセルフに言われたときの驚きと感動。    
               
突然終わっちゃったの?          
               
「うん。予期しない形で」          
               
その時、ママははセッションで「過去世の書き換え」を行ったのだという。