第14章~6人の謎(7)

「首や肩の痛みの原因がわかる過去世へ」と誘導すると、美帆さんは
やはりあの古代ギリシャの過去世へ行った。    
そして、崖の上から海へと身を投げた。      
             
肉体から離れて魂だけの存在になった美帆さんに    
「そこから自分の肉体を見下ろして下さい」と言うと    
             
「ふん!ぼろ雑巾みたい」とまるでひとごとのような答えが返ってきた。
             
肉体は崖下の岩場にあるようだ。        
             
ママがおそるおそる、「首はありますか?」と聞くと    
             
「首? ない」と美帆さん。        
             
そんなことはどうでもいいような感じ。      
             
首を見つけなければ美帆さんの痛みが改善しないと思ったママは、  
「首はどこにありますか」と聞いてみるが、      
「さあ?」と気のない返事。        
             
飛び降りた時に強風に煽られて崖に叩きつけられ、    
首が折れたらしいのだが・・・。        
             
首の在り処をどんなに聞いても        
「どうでもいい」という答えしか返ってこない。      
             
ママが困っていると、ママの隣にぴったり寄り添っていたミミさんが  
「”そこの砂浜を見て”って言って」と耳打ちしてきた。    
             
そこの砂浜?ミミさんは美帆さんが見ている映像と同じものが見えている?)