第14章~6人の謎(8)

ママはびっくりしたが、驚いている暇などなかった。
ママがその通りに言うと、美帆さんは      
「砂浜?」とつぶやいて、どうやらその場面を見ているようだった。  
             
「”そこに泣きながら首を捜している女の子がいるでしょう?”って言って」と
再びミミさんが耳打ちしてきた。        
             
しばらくすると美帆さんが        
「馬鹿みたい・・・・私のことなんか探して・・・」と涙声になった。  
             
「”首が見つかるまで、その女の子はずっと捜し続ける”って言って」とミミさん。
             
その言葉に突然美帆さんの態度が変わった。    
             
はらはらと涙を流しながら、        
「後ろの岩の間に挟まってる」と素直に教えてくれた。    
             
そして、ようやく首が見つかった。        
             
美帆さんが海に身を投げた時、ミミさんはたまたまそれを目撃していた。
             
あわてて駆けつけたが、首がなかったので、必死で探し回っていたのだという。
             
ミミさんは当時、美帆さんの幼なじみだったんだって。    
             
「じゃあ、その時の首は今生になってやっと見つかった、ってこと?」  
             
「うん。たぶんね・・・。」