第14章~6人の謎(14)

というわけで、ママは2ヶ月ばかり迷ったが、結局髪を切った。
           
そしたら!          
本当に軽くなってしまった。            
                 
ママ曰く、                
「いろんなことがもうどうでもよくなったの」          
                 
ショートにして似合おうが似合うまいが、          
どうでもいいや、と思っちゃったし、          
過去のいろんなことにも囚われなくなったし、          
面白いことに、いろんな事への(変な)こだわりがなくなってきて、      
人生がすっごく楽になってしまったのだという。        
                 
もちろん、これは人による。            
                 
ママの場合は特に髪に自分の「想い」が入りやすい体質なんだと思う。    
                 
「それにさ~、T.Iさんが不思議なことを言ったの。        
”髪を短くして、両耳を出さなくちゃ駄目”」って。        
                 
理由を聞いても、              
「なぜでも」としか言わなかったから、多分彼女も理由まではわからなかったんだと思う。  
                 
「直感で言ってるからね」            
                 
でも、「直感」って、潜在意識からきてるんでしょ?        
                 
「うん。そうだよ」              
                 
耳を出す理由は、すぐにわかった。          
                 
霊感の強い友人とお茶をしていたときに、彼女が        
「あっ! 今、マサコさんの両耳の上で青い光がパッ、パッ、って光った!」と言ったから。  
                 
その後何度か同じことが起きた。            
                 
きっと、耳で「見えない世界」からのメッセージをキャッチするんだろうとママは思ったんだって。