第14章~6人の謎(17)

ミミさんのハイヤーセルフが何でも答えてくれるので、いよいよママは核心に触れた。
「私は以前イメージをみました。この6人の仲間が他の星からこの地球のために  
やって来ました」            
               
そして、ひと呼吸おいてから、恐る恐る、こう聞いた。      
               
「それは真実ですか?」          
               
「常に宇宙と魂はつながっている」        
               
「はい・・・・、しかし私たち6人はみんな他の星にいて、そこから一緒に来たんですか?」
               
みんなは固唾を呑んで答えを待った。        
               
「みんな同じ星から来ました」          
               
その場に居た全員が顔を見合わせた。        
               
誰も言葉が出なかった。          
               
ママ: 「その星はとても次元が高い星だったように思いますが?」    
               
「はい」              
               
ママ:「地球の変革期に合わせてやってきましたか?」      
               
「はい」              
               
ママ:「そして6人はそれぞれ役割がありますか?」      
               
「はい」              
               
再び全員が顔を見合わせた。          
               
その役割とは?