第14章~6人の謎(18)

そこで、ママは聞いてみた。
「ミミさんの役割は?」  
「いろいろなことを伝え、引っ張っていく」      
             
ママ:「彼女は未来も見えますよね?」      
             
「ただ、まだわかってない。        
「みんなの力が・・・。みんなそれぞれ気が付いていないことが多い。  
それを思い出すのは、この仲間同士が助け合わないと思い出せない」
             
ああ、だから6人が集まったんだ、とママは思った。    
             
それぞれが自分の力を「思い出す」必要があるんだ。    
そして、その為にはお互いに支えあわなければならないんだ。  
             
ママ:「美帆さんは?」          
             
「彼女は常に生と死を司っています」      
             
ママ:「彼女は今後、ヒプノセラピストとして死に向き合った人たち、  
そういった人たちを沢山助けるようになるでしょうか?」    
             
「はい」            
             
ママ:「私はどうですか?」        
             
「あなたは常に人を導いていきます。      
あなたは仲間のために喜びを与えて、      
仲間のために喜ぶことが自分の喜びになっていく人です。」  
             
ママはちょっと考えて、こう聞いた。      
             
ママ:「その仲間というのはこの6人からもっと増えていくんですか?」  
             
「はい」            
             
突然、ママは思い出した。        
             
あのレイキのアチューメントを受けた時。      
             
「これから世の中は沢山のセラピスト(のような人)が必要となってくる。
あなたは沢山の、そういった人を育てなければならない」と言われたことを。