第14章~6人の謎(20)

ママは対話をしながら、これだけのことを教えてくれているのは、
本当にミミさんのハイヤーセルフなんだろうかと疑問に思った。
教室ではハイヤーセルフは、「高次の自己」という位置づけで習った。
             
つまり、自分の中の「叡智の部分」?      
             
だとしたら、本人のことについては詳しく語ってくれるかもしれないが、
他人のこともこんなにわかるものなのだろうか?    
             
現に、友人のセッションで出てきたハイヤーセルフにいろいろと質問をしても
「自分のことしかわからない」というケースも時々ある。    
             
そこで、ママはミミさんのハイヤーセルフに聞いてみた。    
             
「あなたはどなたか、教えていただいても宜しいですか?」  
             
「私ですか?」          
             
「はい」            
             
「私は太陽のエネルギー」        
             
(! ! !・・・・・・。 太陽のエネルギー?)      
ママは驚いた。          
             
「いつもミミさんを守ってくださっている存在の方ですか?」  
             
「違う・・・。全員。みんなを見てる。常にみんなの傍にいる」  
             
ママはT.Iさんのセッションに出てくるおじいさんの言葉を思い出した。  
             
私たちの周りには、目には見えないけれども沢山の波動があって、  
必要なときに必要な波動に繋がるのだと、おじいさんは言った。