第14章~6人の謎(25)

そっかあ・・・。    
それにしても、ママ、ミミさんってすごいね。
太陽のエネルギーと繋がるなんて。
「うん。Hiroさんもすごいよ。          
3回目の勉強会のときね、Hiroさんは月のエネルギーと繋がったの」    
               
月?              
               
「うん。セッションをやって、普通にハイヤーセルフと繋がったんだけどね、  
ハイヤーセルフからどんなエネルギーを感じますか?って聞いたら、    
”月の光のようなエネルギー。 以前に一度会ったことがある”って答えたの」  
               
以前にも会ったことがあるの?          
               
「うん。だから、今までは”ハイヤーセルフさん、出てきて下さい”って言った時には
常にハイヤーセルフが出てると思い込んでいたから、わざわざ確認しなかったけど、
実際はその都度いろんな波動に繋がっていたってことだよね」    
               
この後、半年位すると、ママはもっと面白いことに気付くようになる。    
               
催眠に入ったとき、映像で見えるタイプの人は、      
ハイヤーセルフなどの存在を視ているわけだけど、      
自分では毎回同じ人が出てきていると思っても、実際は違う場合もあるようだということ。
               
ママはT.Iさんのセッションのときに、        
「あ、いつものおじいさんが出てきた」と言うのを聞いて、ずっと同一人物だと思い込んでいた。
               
一度は「あなたは前回出てきた人と同じ人ですか?」と聞いたこともある。  
               
その時は、YESだった。          
               
でも、ある時、質問に対するおじいさんの答えの内容が、何だか感覚的にいつもと
違うような気がした。            
               
T.Iさんの周囲にいる人物のことを相談した時に、しょうがない奴だといわんばかりの
表現をしたのだ。            
               
榊先生は、高次の存在は大きな視点から答えをくれることが多いといった。  
               
例えば、「今、私がすべきことは?」と聞いたときに、「人を愛しなさい」みたいな。  
そんな、普遍的な言葉が多かったりする。        
               
だから、私たち三次元の人間の感情に寄り添う言葉を言ったとしたら、  
その場合には、人間に近いハイヤーセルフが出ている可能性があると考えられる。