第14章~6人の謎(27)

Hiroさんのセッションではこの日はたまたま月のエネルギーが出てきたけれども、
いつもその存在というわけではない。      
「だって、観音様のような存在が出てきた時もあったし、守護神が出てきたこともあったしね」
               
そうなんだ・・・。            
               
それで、月のエネルギーさんはどんなことを教えてくれたの?    
               
ママはふふっ・・、と笑ってこう言った。        
「いろんなことを聞いたんだけど、また6人の事も聞いてみたの。    
どんな星から来たんですか?って」        
               
へえ? そしたら?            
               
「空気が澄んでいる・・・・・・青い光の中に・・・」って。      
               
ママ: 「青い光の中に、光の存在としていたんですか?」    
               
「そう」              
               
ママ: 「そこは肉体はない世界だったんですか?」      
               
「ない・・・・そう・・・ない・・・」          
               
ママ: 「そして今この地球の、日本の、変革期に合わせて遠い昔に    
やってきたんですか?」          
               
「そう・・・・」            
               
そのあと、月のエネルギーは面白いことを言った。      
               
「あなた達は、いつも一緒になったり、離れたりしている・・・」    
               
ママ: 「私たち6人が?」          
               
「そう・・・それぞれ光になって飛んでいたり、ひとつの光になったり」    
               
ママ: 「では、光として一緒になったり、ばらばらになったり、そういうことを繰り返しながら
今回は6つの肉体をもって、出会って、一緒に勉強をしているんですか?」  
               
「そう」              
               
「いずれまた、みんなひとつの光になる・・・・」        
               
ママ: 「それはいつですか?」          
               
「100年後」            
               
ママ: 「100年後?」            
               
「大きな光になる・・・・」