第14章~6人の謎(28)

ママ、一緒になったり、離れたりする、ってどういうことなのかな?
「うん、その言葉を聞いたときね、以前に読んだ江原啓之さんの本を思い出したの。
               
確か、”類魂の法則”っていう説明だったと思うんだけどね、    
誰にでも、”魂の家族(=グループ・ソウル)”があるんだって。    
               
例えば、その家族をコップの水、ひとりひとりの人間の魂を1滴の水だとするでしょう?」
               
うん。              
               
「現世を終えて肉体を脱ぎ捨て、魂だけの存在に戻った時、    
その1滴の水はコップの中に帰るんだって」        
               
え? でも、そしたら、コップの中の水と混ざっちゃう!      
               
「そうなの。混ざっちゃうの。そのことに意味があるんだって。    
例えば、ママが現世でいろんなことを経験して、学ぶでしょ?    
そして、いずれコップの中に戻るでしょ?        
そうすると、他の水と混ざることによって、ママが学んだことをみんなが共有できるの。
つまり、それぞれの人間が学んできたことが、家族全体の叡智になっていくんだって」
               
へえ!              
               
「これを繰り返すみたいなの。          
そのうち、また1敵の水になってコップから出て行くでしょ?    
そして、沢山のことを学んで、再び戻ってくる。      
そしたら、他の水と混ざって、その学びがみんなの叡智となる」    
               
そっかあ・・・・。            
じゃあ、6人はみんな同じコップの中の人達?        
               
「かもしれないよね」            
               
あ! 確かT.Iさんも300年位前に同じグループに居たって(おじいさんが)  
言ってたから、同じコップの人なんだね?        
               
「ああ、そうかも・・・」