第15章~人生のシナリオ(1)

ママはセッションで出てきた高次の存在に、こんなことも聞いてみたんだって。

「2回目の勉強会のときなんだけどね、うららちゃんが1回目も2回目も  
急用ができたりして、ドタキャンになったの。        
それで、彼女が2回連続欠席になったのには、理由があるんですか?って、聞いたの」
               
だって、急用ができたんでしょ?          
               
「うん。でも、そんなのは三次元的な理由だから」      
               
三次元的な理由?            
               
「そう。体調をくずしたとか、急用ができたとか、表向きはそうなるんだけど、  
実はそういう風に仕組まれているというか・・・」      
               
そんなこと、あるの?            
               
「うららちゃんが来なかった理由は、そのときの勉強会の内容が、    
彼女は既に知っていることだから、来る必要がなかった、って言われたの」  
               
ママは驚いたが、それ以後、誰かがドタキャンすると、その理由を高次の存在に  
聞いてみることにした。          
               
ある時は、その勉強会の内容に必要な人だけが参加したのだと言われた。  
               
それはレイキの実践会だったり、アロマの講習会だったり、    
確かに、それを今勉強する必要のある人だけが出席しているかのようだった。  
               
また、ある時は信じられないようなことを言われた。