第15章~人生のシナリオ(6)

さて、セラピーをやることにしたものの、Y子さんが特段、何かを希望した
わけでもなく、ママがなぜか「やらなければいけない」と思っただけだから、
どんなセッションをしたらいいものか、ママは迷った。    
Y子さんは、強いて問題点を挙げるとしたら、最近、外に出るのが    
おっくうなことぐらいだと言った。          
               
それで、ママは、とりあえず、その原因がわかる場面へ、と誘導してみた。  
               
が、過去世へも、幼児期へも、どの場面へも行かなかった。    
               
黒い点や、幾つかの抽象的な場面が出たり、消えたりを繰り返した後、  
草原で胡坐をかいているシーンに行き着いた。      
               
「今、どんな気持ちですか?」とママが聞くと、        
Y子さんは、「太陽が欲しい」と言った。        
               
「上を見上げてください」、と誘導すると、        
光が見える、あたたかい感じがする、との返事。      
               
雲を呼び、その雲に乗って上昇し、光の中へ入っていくイメージをしてもらう。  
               
Y子さんは、光から沢山のパワーをもらっていたようだ。      
               
しばらくすると、「何も見えなくなった」と言った。      
               
ママは、Y子さんは今、光のパワーを沢山必要とする時期なのかもしれないと思った。
               
そこで、              
「またパワーをもらえるか聞いてみてください」と言った。      
               
ママは、そうは言ったものの、「誰に聞いて」と言ったわけでもなく、    
ハイヤーセルフも呼び出していなかったので、果たして返事が    
来るのだろうかとちょっぴり不安だった。        
               
が、即座に、「いつでも」という答えが返ってきた。      
               
「どうやって?」            
今度は思わず、ママが聞いてしまった。        
               
「両手(の平を)を光にかざす」          
               
Y子さんにはそのやり方が具体的にわかっているようだったので、    
ママはそれでよしとした。          
               
そして、「他に何かやりたいことや、見たいものはありますか?」と聞いてみた。  
               
Y子さんは、「今日はこれでいいという感じがする」と言った。