第15章~人生のシナリオ(10)

「竜神様がなぜ、出てきたのですか?」と聞くと、
         
「Y子さんを守っているのだ」という答えが返ってきた。
そして、守っている理由も話してくれた。        
               
「あなたがY子さんを今日、ここに呼んだのですか?」とママは聞いてみた。  
               
シナリオを確認したんだね?          
               
「そうなの、エフちゃん。やっぱりそこが気になって」      
               
「偶然」とか、「たまたま」とか、(三次元で)捉えている事象は、    
実は、事前に仕組まれていたりするってことを、ママは十分に分かってきていたから
聞かずにはいられなかった。          
               
案の定、「そうだ」という返事が・・・・。        
               
でも、その後に続いた言葉に、ママは心底驚いた。      
               
「お前はいい奴だから、(アロマの教室のとき)、あの2番目の席を    
開けておいたのだ」            
               
アロマの講習会では席は自由だった。        
               
時間ぎりぎりに着いたママは、          
たまたま空いていた一番前の席に座ったのだ。      
               
その後ろの席には、Y子さんが座っていた。        
               
授業中、先生が何度もムエット (アロマの香りを染み込ませた試香紙)を  
配り、前から順に後ろに回していった。        
               
ママはその都度振り向き、Y子さんに渡していたので、      
自然と会話を交わすようになったのだった。