第15章~人生のシナリオ(11)

え~っと、つまり、竜神様は、そのアロマの教室の時から、ママに目を付けていて、
二人が知り合いになるように、席を工夫し、      
ある時がきたら、Y子さんがママに連絡をとり、    
そして、ヒプノをやるように仕組んだ、ってこと?    
「うん。そうなるよね。だって、外で会ってたら、ヒプノはできないもんね」  
               
でも、竜神様は、なんで、ママとY子さんが知り合いになるように仕組んだのかな?
               
その理由は、セッションの後のY子さんの説明で明らかになった。    
               
Y子さんには何らかの事情があり、毎晩寝る前に竜神様にお祈りをしていたのだそう。
               
ある時には、竜神様のメッセージを聞いたかのように思ったこともあったのだとか。
               
確信は持てなかったらしいが・・・・。        
               
それで、「いつか、会えるといいね」って、話しかけていたのだとか。    
               
ああ、それを竜神様が聞いて、ママのヒプノを通じて会えるようにしたんだ!  
               
「うん。そういうことだよね」          
               
竜神様は最後に、また、          
「お前はいい奴だなあ」と繰り返し、        
そして、              
「お前も頑張れ」と言った。          
               
「あなたは本当に神様なの?」とママが聞くと、      
               
「神様だった」と謎の言葉を残して、姿を消した。      
               
神様だった、って言ったの?どういう意味かな?      
               
「きっと、何か事情があるんだろうね」        
               
Y子さんの詳しい事情は分からないが、        
このヒプノのセッションが必然で行われ、        
それが彼女の役に立ったのならば、ママはそれだけで良かった。    
               
それに・・・・。            
               
次の日に、不思議なことが起きた。        
               
ママは通勤電車の中でこのセッションのことを思い返し、      
心の中でこう言った。            
               
「あなたが、本当に竜神様だったのなら、証拠を見せて」      
               
すると!              
               
電車の中から見える空の雲のひとつが・・・。        
               
「くっきりと竜の形をしてたの!エフちゃん、信じられる?」      
               
ママとY子さんの間には、この日を境に、更にいろいろと不思議なことが起こり始めたのだが、
それは、また後日・・・・。