第15章~人生のシナリオ(8)

「なぜ、彼女は人のエネルギーを受けてしまうのですか?」
ママがそう問いかけると、        
しばらくの沈黙の後、Y子さんの体が小刻みに震え始めたようにみえた。
             
その様子に、ママは何事かと目を見張った。      
             
そして、震えがおさまった次の瞬間、野太い男性の声が響いてきた。  
             
かなり興奮している。          
             
「S氏に聞け!          
             
S氏に会ってからだ! (ハアハア・・・・・)」      
             
大きな太い男の声が、いろんなことを一気にまくしたてた。  
             
Y子さんの豹変ぶりに、ママは呆然とした。      
             
「・・・・・・・(な、何かの憑依?)」        
             
ママは動揺を隠せなかった。        
             
男は尚も興奮気味にまくしたてた後、      
一息ついて、こう言った。        
             
「おまえ、いい奴だなぁ!」        
             
(は?)