第15章~人生のシナリオ(9)

「おまえ、いい奴だなぁ!
     
俺の言葉を伝えてくれて!」
ママ:「おまえって、誰ですか?」      
           
「あなただよ!」        
           
ママ:「私ですか?」        
           
「そうだ、いい奴だ」        
           
ママ:「はあ、ありがとうございます」    
           
ママは冷静さを取り戻していた。      
           
憑依では?という懸念が頭から離れない。    
           
ママ:「あなたは誰ですか?ハイヤーセルフなの?」  
           
すると、思ってもみない返事が!      
           
「俺は神様だ」        
           
(神様? まさか!やっぱり何かの憑依?)    
           
そのとき、          
Y子さんがいつもの彼女の声で      
「マサコさん!」と、ささやくように話しかけてきた。  
           
そして、小さな声で、        
「目の前に竜がいる!」と言った。      
           
(えっ?竜 ?)        
           
ママは思わず、こう言った。      
「あなたは神様ではないんですね?」    
           
と、Y子さんが慌てたように、      
「マサコさん!竜神様!」と言った。    
           
ああ、竜神様・・・・・。