第15章~人生のシナリオ(12)

ママは、しばらくの間、何も書けなくなった。
       
ある日、突然、手が止まった。  
「どうしちゃったんだろう・・・」          
               
今までは、思いつくままにスラスラ書けていたのに・・・。      
               
ため息をつきながら、ベンジャミンの木を見つめる。      
               
ママはこの木を見ると、いつも笑ってしまう。        
               
うちに来たのは半年前。          
               
みつるお兄ちゃんが1メートルもあるこの木を両手に抱えて帰ってきた。  
               
「何だか、セッションルームに必要な気がして」と言って。      
               
ママは早速名前を付けた。          
               
「ベンジャミンのベンちゃん!」と呼びかけた。        
               
すると・・・・。            
               
「ベンちゃんは嫌だ。”便”を想像するから」と抗議の声が返ってきた。  
               
ママはマジマジと木を見つめていた。        
               
空耳じゃないよね?            
               
「じゃあ・・・、・ジャミちゃんは?」          
               
・・・・・・・。              
               
返事がない。            
               
ジャミちゃんに決定する。          
               
ママはジャミちゃんを見る度に、このいきさつを思い出して笑いが込み上げてくるのだと言う。