第15章~人生のシナリオ(13)

ジャミちゃんはうちに来てから、日々、葉っぱが落ちるようになった。
お花屋さんでは、ベンジャミンは環境の変化に敏感だから、一度葉っぱが(全部)落ちてしまう場合もあると言われたのだけど・・・・。
         
               
それでもママは心配で、「落ちないでね、お願い」と言いながらせっせとレイキをやっていた。
               
だけど、ある日、勉強会で仲間が集まった時に、ジャミちゃんの葉っぱがなぜ落ちるのかを
リーディングしてもらったら、全員が同じことを言った。      
               
「気にしないでね、って言ってるよ」        
               
「大丈夫だから、心配しないでね、って」        
               
そっか・・・・。            
               
ママは葉っぱが落ちることにばかり気をとられて、「落ちないで」って言い続けてたけど、
木にとっては、何かしらそれなりの理由があるのだ。      
               
それで、ママはこう言った。          
「葉っぱが落ちてもいいからね。          
自由にしてね。            
ぜ~んぶ落ちても平気だから。          
そしてまた、元気に葉っぱが出てくるのを待ってるからね」って。    
               
木には木のペースがあるのだから。        
               
「でもエフちゃん、不思議~。          
そういう風に言ったら、翌日から葉っぱが落ちなくなったんだよね」    
               
それに、みつるお兄ちゃんは、「何となく必要だと思って」と言ったけど、  
うちに来た理由は、「しゃらちゃんをサポートするため」だと教えてくれた。  
               
「本当に全てに意味があるんだね」とママは感心していた。