第15章~人生のシナリオ(14)

そう、ジャミちゃんもそうだけど、すべてに自然の「流れ」というものがあるらしい。
             
ママは、書けなかった時に、        
「なぜ、私は(ブログが)書けなくなったんですか?」と、しゃらの木に聞いてみた。
「なぜ、今はお休みしているの?」            
                 
すると、こう言われたのだ。            
                 
「あなたは休憩しているときに、、            
”なぜ、私は今、休憩しているんだろう”といちいち考えるのか?」って。    
                 
                 
例えば、山に登る時、あるいはハイキングでもいい。        
                 
歩き疲れたら、ごく自然に休憩を取り、気力がみなぎって        
「さあ、また頑張ろう」という気になったら、腰を上げて再び歩き始める。    
                 
自分の体が休息を必要とするときは自分でわかる。        
                 
そして、その休憩中に、            
「何故、私は休んでいるのだろう」などと考えはしない。        
                 
むしろ、ぼぉ~っとして、疲れを癒しているはずだ。        
                 
う~ん・・・・・、確かに。            
                 
何かをするときに、休息もとらずにぐんぐん突き進むだけ、ということはあまりなさそうだ。  
                 
「よく、ダイエットでも、体重の減少は”階段状”だって、言われるでしょう?」    
                 
階段状?                
                 
「そうだよ、エフちゃん。            
体重が落ちて喜んでると、ある時期、停滞して減らなくなるの。      
でもまたしばらくすると減り始めて、そしてまたある時期になると停滞して・・・って」  
                 
ああ、だから、「階段状?」            
                 
「うん。英語の勉強とかスポーツとかでもよく言われるよね。      
右肩上がりに伸びているかと思うと、停滞して、ってそれを繰り返すみたいだよ」    
                 
そっかぁ・・・。              
ママも自分では気付いてなかったけど、何らかの理由で(書くことに)休憩が必要だったんだね?
                 
「そうみたい」