第15章~人生のシナリオ(15)

そして、港区の「自然教育園」の木にはこんなことを言われた。
そこは都心にありながら          
自然の面影を残す数少ない森。          
               
昔の武蔵野の自然がそのまま残っている。        
               
この園の中を歩いていると、たくさんの木々や植物が歓迎してくれているのを  
感じられて、ママはとっても幸せな気持ちになるのだそう。    
               
「こんにちは!」と木々に話しかけながら園内を散策していたママは、  
嬉しさのあまり、こう言った。          
               
「ねえ、何かメッセージをちょうだい?」        
               
すると、木々が答えた。          
               
「マサコ、いつもメッセージ、メッセージって・・・。      
”いま”を生きることも大事だよ」          
               
あっ、そうだった。            
               
「今、このとき」を感じること。          
それが大切だったのに・・・。          
               
いろんな人生のしくみがわかってくると、それはそれで面白くて、    
つい、「なぜだろう」とか「どんな意味があるのかな」とか      
追求したくなってしまう。          
               
そして、目の前の日常を忘れてしまいがち。        
               
目の前の一瞬一瞬の出来事に、喜んだり、悲しんだり、感動したり、そうやって「体験すること」に意味があるのに
「全ては必然」だからと、「これはどういう必然だったんだろう?」とその理由にばかり考えを巡らせてしまう。
               
それは例えていうなら、          
からくり人形の動きに「すご~い!」と感心することなく、      
「どうやってあんな動きが出来るのかな?」と分解して、「こんな仕組みだったんだ~」で終わらせてしまうようなもの。
               
あるいは              
万華鏡が織り成す色や模様の美しさに感動することなく、      
その仕組みを紐解いて、「なるほどね」と、納得することの方に重きを置いてしまうようなもの。
               
               
仕組みを知ることが必要な場合もあるだろうけど、      
現れている事象の美しさや不思議さに感動することを忘れてしまっては本末転倒。
               
潜在意識の追求はとっても面白いけど、        
日常生活での日々の積み重ねをおろそかにしてはいけないと、木は教えてくれたのだった。
               
(でも、ママはその前に、シータヒーリングを使って、ちゃっかり「休憩している理由」を
教えてもらってたんだけど)。 (笑)