第16章~ペットと繋がる(1)

さて、書いていない間も、ママは、ヒプノのセッションは続けていた。
           
全てのセッションは「シナリオ」通りに起きているらしい、ということは
重々承知の上だが、それでもとても感動することがあった。
それは、知り合いのJ子さんに、サブパーソナリティのセッションを行った時のこと。
               
セッション前の雑談で、J子さんが最近、犬を飼い始めたという話をした。  
               
その犬が妙に人間のしぐさをするというのだ。        
               
例えば、家族が食事をしていると、その犬もみんなと同じように食卓の椅子に  
座ってみたり、後足だけで立ち上がって(つまり、二本足で)歩こうとしてみたり・・・。
               
そして、外の犬小屋で飼っているのだけれど、      
家の窓ガラスを外から前足でカリカリとひっかくのだそう。      
               
まるで、「家の中に入れて」と言わんばかりに。      
               
J子さんの話を聞いていたママは、「何故か」、その犬を      
セッションに呼ぶ必要があるような気がした。        
               
ふふっ・・・。ママ、出たね、「何故か」って。        
               
「うん、エフちゃん、こういうのって、潜在意識からのメッセージだよね」  
               
セッションでは、J子さんが現在気になっているところ、      
つい、食べ過ぎちゃうとか、外に出るのが億劫だとか、      
そういった、J子さん自身のパーソナリティを呼び出すのだけれど、    
ママはついでにそのワンちゃんも呼んでみようと思った。      
               
J子さんに提案すると、          
「え~っ?そんなこと、できるの?」と言われたけど、      
ママには何故か確信があった。          
               
それで、そのワンちゃんは出てきたの?        
               
「エフちゃん・・・」            
ママはちょっと涙目になった。