第16章~ペットと繋がる(3)

呼び出したすべてのパーソナリティが揃った所で、ママは、
「誰か一番に発言したい人はいますか?」と聞いた。
         
と、J子さんがくすくす笑った。    
「ワンちゃんです」          
             
どうやら、ワンちゃんが一番に名乗りを上げたらしい。    
             
よほど言いたいことがあるのだろう。      
             
ママは、            
「何でも言いたいことを言って下さい」と話しかけた。    
             
すると・・・・。          
             
「仲間に入れて欲しい」        
             
「うん・・・。ワンちゃんはいつも家の外にいるけど、どんなことを  
考えているの?」          
             
「みんなと一緒に居たい。一人は寂しい」      
             
ああ、やっぱり・・・。          
             
窓の外から前足でガラスをカリカリと引っかくのは、    
家の中に入れて、と訴えているんだ・・・・。      
             
ママはちょっぴり切なくなった。        
             
             
「ワンちゃんは、過去世で、J子さんやその家族と縁があったの?」  
             
「・・・・・・・・・」          
突然、J子さんが涙声になった。        
             
「・・・・ネコでした・・・」          
             
ああ、そうだったんだ・・・・。        
             
             
「昔、飼われていたのね?」        
             
(涙声で)、「うん」          
             
「また会いたくて、来てくれたの?」      
             
(涙声で)、「うん」          
             
「ねこちゃんのときは、おうちの中でずっと(みんなと)一緒だったの?」
             
J子さんがシクシクと泣き出した。        
             
言葉が詰まって、出てこない。        
             
(この場合、泣いているのは、ワンちゃんではなく、J子さんである。  
ワンちゃんは、ママの質問にJ子さんの口を借りて答えているが、  
それを聞きながら、J子さん自身が泣いているのだ)    
             
「だから、今度も一緒に居たいのね?」      
             
(涙声で)、「うん・・・」