第17章~シータヒーリング(17)

2週間も経たない内に。          
               
たまたま、T.Iさんのセッションを行ったママは、いつものひげのおじいさん(高次の存在)に
ウキウキと報告をした。          
「私は、シータヒーリングというのを、この間習ったんです!」      
                 
うん                
                 
「それで、その教えでは、波動を7つの層に分けて、第7層に行くと、創造主に    
会える、そこで話ができる、というやり方なんです」        
                 
うん                
                 
「私が、どうしても、その・・・・、友達にセッションをしてもらうのではなくて、高次の存在の方と
自分自身で話がしたい、そういう風に願い続けたら、ふっとシータヒーリングを習うことになって・・・・・・」
                 
「 "あなたがずっと願っていたでしょ?"と言われたんですけれども・・・・」    
                 
                 
そう、ママはセミナーの2日目が終わった後、Sさんにヒプノのセッションを行って、  
そのときに、Sさんのハイヤーセルフに聞いたのだ。        
                 
                 
「私は、なぜ、シータヒーリングを習うことになったのですか?」って。      
                 
そしたら、間髪入れず、            
                 
「あなたが願いましたよね?」という答えが返ってきた。        
                 
ママは、咄嗟にHiroさんの言葉を思い出した。        
                 
今度、シーターヒーリングというのを習うんだ、とHiroさんに話したとき、彼女が、    
「それ!マサコさん、それよ!」            
「それで上と繋がるようになるんだ!確信がある!」って、言ってたっけ。    
                 
それから、実は、ミミさんのヒプノのセッションでも、ママは聞いてみたのだ。    
                 
「私が、上(高次の存在)に繋がりたいと言ったから、シータを習わせてくれたんですか?」って。
                 
ミミさんのハイヤーセルフは、こんな風に答えた。        
                 
「そうではない。(上に繋がるためではない)          
あなたは、もともと(上に)繋がっていた。          
だが、自分でそれを信じないから・・・・。          
形で見えるようにしてほしいというから、そうしてあげたのだ」      
                 
う~ん・・・・、なるほど・・・。            
                 
いずれにせよ、ママの願いは叶えられたらしい。