第18章~時間の概念(11)

榊先生の教室で、「過去世の書き換え」を習った時のこと。        
         
「過去世の書き換え」と言うのは、過去世を見に行って、それを自分の望むように書き換えるだけ。
ところが、その書き換えの中で、ママは過去の自分から、驚くべきことを告げられた。      
           
デモをやる事になったママが選んだのは、1年以上も前に見た過去世。        
           
それは・・・。          
           
中世のヨーロッパ。          
           
1歳か2歳の子供だったママ(男の子)は、両親と一緒に豪華客船に乗っていた。      
           
そして、海賊に襲われる。          
           
目の前で父親は殺され、母と共に漂流して、小さな漁村に流れ着く。        
           
母親は、生きるすべもなく、海辺の朽ちた掘っ立て小屋の中で悲嘆に暮れる日々。      
           
町に行っては、物乞いをして、わずかばかりの食べ物を手に入れる。        
           
男の子が5~6歳の頃、母親は亡くなる。          
           
次の場面では、10代後半の彼が港で荷物の積み下ろしをしている姿が。      
           
恋人が出来て、人生で初めて幸せを手にいれる。          
           
しかし、恋人は、彼が働いていた倉庫会社の、経営者の娘。          
           
ふたりは仲を引き裂かれる。          
           
人生に絶望した彼は、次第に酒に溺れるようになる。          
           
小さな酒場のカウンターには、毎晩浴びるように酒を飲む彼の姿が・・・。        
           
そんな日々が2年も続いたある日、彼は、その酒場のスツールから崩れ落ちるように床に倒れこむ。  
           
まだ、21歳の若さで、彼はこの世を去った。          
           
「この過去世を見ているとき、途中からすごく気分が悪くなって・・」とママは言った。      
           
胸がムカムカして、吐き気を感じるほどだったという。          
           
覚醒後も、3日間くらい、それは続いた。          
           
           
なんで、そんなことになっちゃったの?          
           
「理由があるの」