· 

9日ぶりに・・・


9日ぶりに「熱」のない夜を迎えました。

 

風邪を引いたかな?と思ってから8日間。

 

昼間はほぼ平熱に近いのに、夕方になると、突然の悪寒。

ホッカイロをいくつも貼り、フリースやダウンジャケットを着込み、毛布を何枚もかけても、寒い、寒い・・・。

 

そのうち39度近くまで熱が上がると、布団にくるまっていた私は今度は熱気で飛び起き、「暑い、暑い!」。

毛布を蹴飛ばし、フリースやダウンを脱ぎ、ホッカイロを引っ剥がし・・・。

 

 

朝方になると熱は下がり、日中は平熱で過ごす。

嘔吐や下痢や鼻水などの症状もなく、食欲もあってもりもり食べる。

 

しかし、夕方になると、突然の悪寒・・・。

ホッカイロ、フリース、ダウンジャケット、毛布・・・寒い、寒い・・・。

 

これを1週間以上繰り返し、さすがになんかおかしい・・・、ただの風邪じゃないのかもと思い始めた矢先、空咳が出始めた。

 

病院へ行くと、「肺炎ですね、ほら!」とレントゲン写真を見せられた。

即、点滴。

 

「あなた、今日来てよかったですよ」とお医者さんに言われた。

きっともっと悪化してからだったら、治るのにも時間がかかったのだろう。

 点滴のおかげで夜になっても熱が出ず、ようやく9日ぶりにぐっすり眠れた。

 

それにしても、肺炎ってず~っと熱が下がらず、ひどい咳が何日も続くというイメージがあったけど、それは悪化してからの症状らしい。

 

こういう仕事をしていると、

 つい「ヒーリング」でとか、「レイキで」とか考えがちだけど、

まずは病院へ行くのが先決と思っている。

 

講座中に、なかなか治らなかった腰痛がうそのように治ったり、首の痛みがとれたり、原因不明のかゆみが消えたりする様などを目の当たりにすると、ついつい何でも「ヒーリング」で治るかも・・・と思っちゃうんだけど、やっぱり病院で診断してもらうことが大切。

 

何事もバランス。

スピリチュアルを学んでも偏りすぎない思考を持つことって、必要だよね・・・

 って。

実は先日、私自身がそう思わせられる出来事があった。

(つづく)

 

追記:今回、講座日を変更していただいた生徒の皆様、ご迷惑をおかけしました。